優美な伝統色の配合

日本の自然界の色

亀田縞の扱う色彩の原点は自然界の色、花鳥風月の中にあります。古代より日本人は四季折々の草花、蝶々や鳥たち、それらの中にある自然界の色を衣類や絵画の中に取り入れてきました。自然界にある色はこの宇宙の神様が作った色です。奥深い中間色の世界に魅せられ、現在も慢心することなく私たちは自然界の色味の研究を続けています。


重ね色

色というのは複数の色を合わせた時にだけ醸し出す雰囲気があります。色を重ねるという日本の文化は太古の昔より培われてきました。個々の色がそれぞれに主張するのではなく、お互いを引き立て合いながら一つの調和された雰囲気を作り出すのです。色の絶妙な交り合いが生み出す繊細な色彩のハーモニーこそ、亀田縞が得意とする日本の色文化の集大成です。

 


不変的なストライプ

自然界の色味を使ったストライプは時代の流行の変化に動じることがありません。国境を越えて様々なスタイリングのシーンに柔軟に溶け込みます。日本の自然界の色、そして伝統のストライプは不変的、かつ普遍的なデザインです。亀田縞で日本の伝統色の奥深さをぜひ堪能してください。