繊細さと奥ゆかしさ
日本の伝統を身に纏う

亀田縞

亀田縞は江戸時代の優美な伝統色で織られ、柔らかな風合いと丈夫さを備えた日本の伝統生地です。

現代に映える、江戸時代から続く縞柄

日本の黄金期、江戸時代には縞柄がとても流行し、現在では浮世絵の中にもそれを見て取る事ができます。 亀田縞はその江戸時代に生まれ、300年を超える歴史の中で深く洗練された伝統織物です。 着物を彩る日本の伝統色は、自然界の四季折々の色の表情から取り入れてきました。亀田縞はその微細な中間色を絶妙に組み合わせています。

自然界の色で作られた縞柄であること。それは時代の変化に動じない不変的な美しさであり、奥深い優美さを放ちます。循環型で創造的であった江戸時代。亀田縞はそのピュアな糸で伝統色を織り合わせ、江戸時代からの古き良き日本の美意識と価値観を表現していきます。

優美な伝統色の配合

色の絶妙な交り合いが生み出す色彩のハーモニー。亀田縞は色重ねの繊細な表現を得意としています。

>>詳しく読む

柔らかな風合いと丈夫な作り込み

手紡ぎ風ムラ糸を原料に用い、約3000本の糸を慎重に織り上げます。亀田縞は柔らかな風合いと丈夫な作りとしての定評があります。

>>詳しく読む

現代のスタイリングに融合

亀田縞は伝統的な着物はもちろん、現代の生活シーンの様々なスタイリングでも活用され、国内外から好評を得ています。

>>詳しく読む

日本の色

 

亀田縞の生まれた越後は江戸時代の禅僧、良寛のふるさとです。その俳句に描かれた色彩豊かな自然界の表情、伝統色は亀田縞の色づくりの原点となっています。

江戸時代の縞柄

日本の黄金期、江戸時代には縞柄がとても流行し、現在では浮世絵の中にもそれを見て取る事ができます。
亀田縞はその江戸時代に生まれ、300年を超える歴史の中で深く洗練された柔らかな風合いと丈夫さを備えた伝統織物です。
亀田縞はそのピュアな糸で伝統色を織り合わせ、江戸時代からの古き良き日本の美意識と価値観を表現していきます。

>>詳しく読む

懐かしい未来へ

 

自然の優しさを帯びた亀田縞の糸は過去と現在を結び、懐かしい未来を描きます。

取扱実績